これ1本で何通りにも使える!「使い切れない心配ゼロ」万能調味料
2021/12/10 00:00
こんにちは!暮らし整えアドバイザーの海老原葉月です。 忙しい年末年始。毎日のご飯作りの負担も増えがちですよね。そんなときにオススメなのが、万能調味料を使った調理です。わざわざたくさんの調味料を使わなくても一発で味が決まるので、とても便利ですよ。 今回使うのは、九州は宮崎県の万能調味料【佐吉のタレ】。初めて購入したのですが、びっくりするくらい様々な食材との相性バツグンなんです!味付けとしても、ドレッシングとしても使えるので、使い切れない心配もありません。

ポン酢とめんつゆを足した様な、いわゆる醤油ベース!

そのお味は、ポン酢とめんつゆを足した様な、いわゆる醤油ベースの味なのですが、九州特有のまろやかな甘みが、食材の旨味と相まってとっても美味しいんです。

パッケージには今の季節にぴったりな水たき、餃子、肉まんなど、どんな料理と合わせやすいかも書かれています。
・鍋のつけだれ
まずはスタンダードに鍋のつけだれとしていただきました。 野菜の甘みと、佐吉のタレの甘みがマッチ!お肉の味にもほどよく絡まって、いつも以上に食べてしまうほどのおいしさでした。鍋はあまり好んで食べない子どもたちからも大好評でした!これなら、野菜もたっぷりと食べてくれるかもしれませんよ。
・レンチン蒸しなす
レンジ調理は、時間がないときの番調理方法ですよね!食べやすい大きさに切ったなすを、レンジで温め、仕上げに佐吉のタレをかけるだけの、とっても簡単なレシピです。なす以外にも、レンチンしたきのこやキャベツなどとも合いますよ。副菜としても、おつまみとしても使える万能レシピです♪
・豚肉×なすの炒め物
豚肉と薄切りにした玉ねぎ、なすを炒めて、最後に佐吉のタレをかければ、手軽にメイン料理の完成です。なすにタレが染みこんでとっても美味しいですよ。お弁当のおかずにもピッタリです。
今回はうどんをあわせました。このまま食べてもよし。味変としてうどんのトッピングにしても相性ピッタリです。
・レンチンもやし&にんじんのさっぱり和え
細切りにしたにんじんともやしをレンジで温め、佐吉のタレとお酢を1:1と、お好みで生姜を加えれば、さっぱり和えの完成です。好みやその日のほかのメニューに合わせて、佐吉のタレとお酢の配分を変えるのもオススメです。酸味の加減で、かなり味が変わるので、手軽にアレンジできます。
他の商品を見る

まとめ

いかがでしたか?佐吉のタレ1本で、さまざまな調理に使えますよね。ほかにも、サラダやチキンソテーなどにかけるだけで、味付けに悩むこともありません。また、味がなかなか決まらないということもないので、料理初心者にもオススメです。 万能調味料のひとつとしてストックしておけば、マンネリ化しがちな味付けの幅が広がりますよ。ぜひお試しください。

海老原 葉月整理収納アドバイザー1級/親・子の片付けインストラクター1級。 夫の収入が半減したのをきっかけに節約に目覚める。現在は4人家族で食費2.3万円でやりくり中。『仕組みを整える節約術』をキーワードに、 元汚部屋の住人&浪費家ならではの、簡単な工夫で続けられる情報をSNSで発信中。

冷凍庫にストック決定!本格スモークチキンがレンチンで完成
2021/12/09 00:00
こんにちは!暮らし整えアドバイザーの海老原葉月です。
もうすぐクリスマス!みなさん、今年はどんなクリスマスを過ごしますか?我が家は今年も、おうちでゆっくりとクリスマスを楽しもうと思っています。

クリスマスに欠かせないものといえば、やっぱりチキン!

クリスマスに欠かせないものといえば、やっぱりチキンではないでしょうか?きらきらとしたイルミネーションに、いつもとはちょっと違うごはんは、いくつになっても嬉しいですよね。 特に骨つきチキンは、クリスマスならではの特別感も味わえて、小学生の息子たちはこれだけでテンションが上がるようです。
ですがクリスマスシーズンや年末年始は、想定外の出費が増えたり、食材が値上がりしたりと、何かと家計が逼迫しがちですよね。そこで今年は、とっておきの食材を使って、家事負担をなるべく減らし、しかも美味しいクリスマスごはんを作ってみました。

メインディッシュのスモークチキン

立派に見えるメインディッシュのスモークチキン。実はこれ、冷凍食品なんです!!

ジャパンファーム 桜島どりの燻せい 110g
181円(税込)
天然地下水とオリジナルの飼料」で飼育された鹿児島県の桜島どりを使用しているそう。
前もって冷蔵庫に移して解凍し、食べる直前に電子レンジで温めるだけの手軽さは、日頃時間に追われて忙しい主婦にとっては、かなり時間の節約にもなります。
しっかりと燻製されていて、とってもジューシー!これで冷凍なんて・・・このコスパには衝撃を受けました。
「前にテーマパークで食べたお肉みたい!」と、子どもたちにも大好評でした。約20cmほどの大きさの骨つき肉を、食卓に並べる機会もなかなかないので、やはりそうとう嬉しかったようです。
他の商品を見る

まとめ

クリスマスシーズン以外でも、ストックしておくと大活躍間違いなしですよ。高タンパク低カロリーなので、ダイエット中の方にもオススメです。1本でボリュームもあるので、ダイエット中のお腹もしっかり満足させられます。サラダチキンのようにカットして、野菜と一緒に食べれば、よりヘルシーですよね。
「ジャパンファーム 桜島どりの燻せい 110g 181円(税込)」は冷凍食品なので、年末年始の食材の価格高騰の影響を受けにくいのも嬉しいポイントです。1本ずつ個包装されているので、その時の必要数に応じて用意できるのも便利だと感じました。
今年のクリスマスは、ぜひおうちでおいしいチキンを家族と囲んでてはいかかがですか?みなさん、素敵な年末年始をお過ごしください。

海老原 葉月整理収納アドバイザー1級/親・子の片付けインストラクター1級。 夫の収入が半減したのをきっかけに節約に目覚める。現在は4人家族で食費2.3万円でやりくり中。『仕組みを整える節約術』をキーワードに、 元汚部屋の住人&浪費家ならではの、簡単な工夫で続けられる情報をSNSで発信中。

年72万円節約に成功!食費を削る前に見直すべきは「冷蔵庫の仕組み」だった
2021/11/04 00:00
こんにちは!暮らし整えアドバイザーの海老原葉月です。

最近よく耳にするようになった「食品ロス」。食品ロスとは、使い切れなくて廃棄される食材のことを指します。実は、これをなくすことで、食費をぐっと節約することができるんです!実際に私は、食品ロスを無くす仕組みをはじめてから、月約6万円、年間で約72万円もの食費の削減に成功しました!

食品ロスをなくす方法は至ってシンプル。とにかく購入した食材を使い切れるように冷蔵庫を整えることです。節約をはじめる以前は、野菜室にパンパンに野菜を詰め込んでは、食材同士が重なって、潰れて傷ませたり、カピカピになって食べられなくなったりすることが頻繁にありました。

そこではじめたのが、「自家製冷凍食品」を作ることでした。

自家製冷凍食品を作る

実はほとんどの野菜は生のまま冷凍ができるんです。冷凍してしまえば保存期間が延びるため、傷ませることは必然的に減りますよね?

自家製冷凍食品を作る時間がない!という方には、市販の冷凍食品を使うのもオススメです。野菜高騰などの影響も受けにくいので、意外と食費節約になるんですよ♪

きのこ類も冷凍がおすすめ

例えばきのこ類は、むしろ冷凍した方が、旨味がアップするのでオススメです。わが家ではきのこミックスを欠かさずストックしています。

このままシンプルに炒めて調理するのももちろん美味しいですが、さまざまな食材と相性の良いきのこは、かさ増し食材としてもオススメです。カレーや煮物、付け合わせなど、ジャンルを問わず使えます。

意外とカビやすく、管理が面倒なピザ用チーズも冷凍保存がオススメ

自家製冷凍野菜に、塩こしょうとピザ用チーズをかけてトースターで焼けば、あっという間に1品完成します。チーズをかけるだけでボリュームがアップして満足感も得られますよ。 しかし、冷凍したからといって油断は禁物!「化石化=いつ保存したか分からない物」してしまったら、結局消費できないのと同じです。わが家では、1ヶ月のやりくり内に食材を使い切ることを目標にしています。その月の食費はその月の食材を購入するための予算ですよね。なので、いくら特売でお得に買えたとしても、その月に使う予定がないものは購入しないように心がけています。

立てて収納するのもポイント

また、立てて収納するのもポイントです。積み重ねてしまうと、どんなものが今残っているのか分かりにくくなりがち。ブックエンドなどを活用して、立てて収納することで、一目で何が保存されているのか分かりやすくなります。ぜひ取り入れてみてくださいね。

冷凍保存にオススメの食材

他の商品を見る

まとめ

最後にもう一度、食品ロスを削減して節約するポイントをおさらいします。とにかく購入した食材を使い切れるように冷蔵庫を整えることが大切です。野菜は生のまま冷凍、もしくは市販の冷凍食品を使う。きのこ類やとろけるチーズもストックしておくと便利です。また食品を立てて収納するのもポイントです。そして、その月に使う予定がないものは購入しないように心がけてください。

海老原 葉月整理収納アドバイザー1級/親・子の片付けインストラクター1級。 夫の収入が半減したのをきっかけに節約に目覚める。現在は4人家族で食費2.3万円でやりくり中。『仕組みを整える節約術』をキーワードに、 元汚部屋の住人&浪費家ならではの、簡単な工夫で続けられる情報をSNSで発信中。