日常の備蓄を防災食に!簡単に始められるローリングストック
2021/09/03 00:00
災害に備えて備蓄していた食料の賞味期限が気づいたら切れていた!なんてことはありませんか?そんなかたにおすすめするのが国や自治体等も積極的に取り組んでいるローリングストックという方法です。
ローリングストックとは?
普段から少し多めに食材、加工品を買っておき、使ったら使った分だけ新しく買い足していくことで、常に一定量の食料を家に備蓄しておく方法をローリングストックと言います。ローリングストックのポイントは、日常生活で消費しながら備蓄することです。食料等を一定量に保ちながら、消費と購入を繰り返すことで、備蓄品の鮮度を保ち、いざという時にも日常生活に近い食生活を送ることができます。
ローリングストックをするメリット
・備蓄品の賞味期限切れを防げる。 ・非常食の試食ができ、災害時を想定した備蓄品の準備ができる。 ・食べずに処分する等の無駄をなくすことができる。

家庭での備蓄に必須!水と食料

備蓄の食材を選ぶポイント
備蓄する食材は特別な物を用意するのではなく、普段家で食べている物を活用すると、気負わず無理せず備蓄することが出来ます。家族や自分が好きなもの、普段から食べ慣れたものを選ぶこと。そして普段から食べて消費して、また買い足してください。
水は不可欠。食料品は日持ちする食べ慣れたものを
1週間分の水と食料品を家族全員分ストックするのは、ハードルが高すぎると思うかもしれません。しかし、防災用の非常食といった特別なものを買いそろえる必要はありません。普段よく購入する食料品のうち保存性のよいものを少し多めに買いおきしておけば、案外無理なくそろえることができます。ライフラインがストップする可能性を想定し、常温で保存できるものや加熱調理しなくても食べられるもの、例えば缶詰やレトルト食品などを備蓄しておくと安心です。カセットコンロとガスボンベを用意しておけば加熱調理ができ、レパートリーが広がります。栄養バランスも考え、主食になるものだけでなく、おかずになるものも買いそろえておきましょう。日持ちする野菜やいも類、果物なども常備しておくと重宝します。
具体的な備蓄する量の目安とは
大規模な災害や、新型感染症の発生などの事態に備えるため、日頃から最低でも「3日分」出来れば「1週間分」程度の家庭での食料品の備蓄に取り組むことが望まれます。
(3人家族で3日分を想定した場合) ・飲料水は、1人当たり1日3リットルの水が必要です。  3L×3日×3人=27L(2Lペットボトル14本分くらい) ・食料品は、1人当たり1日分の主食と主菜が必要です。  3食×3日×3人=27食分(27食分の主食と主菜が必要) ・ガスボンベは、1日当たり3人で1本必要です。  1本×3日=3本(ガスは状況に応じて使用しますので6本は必要) 以上のストック品を、必ず古いものから消費しながら常に消費期限が判りやすい在庫管理を行い、買い足すのは消費した分だけ行います。

災害に対する備えをしない・出来ない理由

必要だと分かっていても、なかなか実行に移せないのが食料備蓄の現実です。昨年、全国の20~60代の男女800人をターゲットに行った「災害への備えに関する最新意識調査」では「災害への備えをしない理由」で以下のような結果でした。
災害への備えをしない理由
1位 何から始めればよいかわからないから。 2位 お金がかかるから。 3位 備蓄品を購入して置いておくスペースがないから。 4位 準備が面倒だから。 5位 災害がほとんど起きない地域に住んでいるから。
備えあれば憂いなし
自然災害への備えはここまでやれば十分という明確な基準はありませんが、「備えあれば憂いなし」ということわざもあるように、日ごろの防災対策学習や備えが、日々の生活の安心にはつながると思われます。非常用持ち出し袋に防災グッズが詰め合わされた「防災セット」など便利な商品も多数あり、また「水・食料品」や「カセットコンロ」など特に重量がある商品については備えておく必要があります。
備蓄の食材を選ぶ時のポイント
備蓄する食材は特別な物を用意するのではなく、普段家で食べている物を活用すると、気負わず無理せず備蓄することが出来ます。ここでは4つのポイントをご紹介しましょう。 1. 開封後しばらく日持ちする、もしくは使い切りサイズであること。 2. 常温保存可能食品のみの組み合わせでも美味しく食べられること。 3. 短い調理時間で食べられること。 4. 調理後の生ごみがなるべく出ないこと。

ローリングストックにオススメ品のご紹介

まとめ

備蓄食品は、大きく分けて「非常食」と「日常食品」の2種類があります。主に災害時に使用する「非常食」だけでなく、日常で使用し、災害時にも使えるものを「ローリングストック」としてバランス良く備えることが大事です。また、外出中に災害が発生することを考えて、普段から持ち歩く飲料水やチョコレートなどの「持ち歩き用品」も備えておけば万全です。
【インタビュー】美味しい海産物を一人でも多くの人へ。IT営業マン、海に出る。【株式会社フィッシャーマンズ】
2021/09/01 00:00

株式会社フィッシャーマンズ 代表取締役 森 茂朗 さん

宮崎の海に魅せられて…脱サラで漁業の世界へ

宮崎県宮崎市、青島。県内でも有数の観光地として、毎年県内外から多くの観光客が訪れるこの場所に、異色のキャリアの漁師が営む牡蠣小屋がある。縁もゆかりもない宮崎の地に出張で訪れ「目の前に広がる広大な海に、突き動かされる魅力を感じた」と話すのは代表の森さん。それをきっかけにITメーカーで営業として積み上げていたキャリアを一気に捨て、半ば衝動的に漁師への転職を決意した。「海が呼んでいた」まるでそう言わんばかりのドラマチックな起業だが、想像を遥かに超える苦難との戦いが始まることになる。 「漁師になるには何をすればいいか?」それを調べるところから、森さんの漁師生活は始まった。指導役も仲間もいない、正真正銘たった一人の男が、これまで触れたことすらなかった網を見様見真似で編むことから始まる。通常であれば、数十年とかけた試行の末に手に入る漁師としての技術。当然一朝一夕で上手く行く筈もなく多大な苦労も伴ったが、「後発かつ未経験」の漁師ながら、森さんにはひとつの勝算があった。

未経験だからできる「非セオリー」クレバーさと行動力で経験不足を補う

 ITメーカーという業種と営業という職種で培った経験から、非常に合理的・効率的な発想ができるのと、起業時のような思い切りの良さが森さんの強み。通常であれば、海に出て現場での実戦経験を積み重ねるところを水産試験場に行き論文を読み漁ったのだ。 そこで得た他所での統計や、データに裏打ちされた力学的な計算式を当てはめ漁具を作成したり、時には人が行かないような海域に船を出したりもした。そうして得た技術を着実にノウハウ化。こういった独自の切り口が功を奏し、森さんの挑戦は少しずつ実を結び始める ▲海沿いに面した店舗では、その日の朝に獲れた新鮮な海産物を提供。おすすめは、青島の綺麗な海で育った生牡蠣。牡蠣好きの方には絶対に食べて貰いたい逸品。 「一般の人に安く、美味しく、もっと海産物を食べて貰いたい」漁師としての実績を積んでいく中で、直販への関心が芽生えたのは必然だったのかもしれない。宿泊施設の傍で、テント一張から始まった牡蠣の販売は、瞬く間に評判となり一年後の2019年に「フィッシャーマンの牡蠣小屋」として独自の店舗を構えることになった。

逆境から生まれた商品 アウトドア、巣篭もり等コロナ禍にフィット

そんな矢先発生した新型コロナウィルス。オープン後順調だった店舗も、コロナ禍によって客足が大幅減。外食が制限される中で、どうにかして持続できるサービスをと考え、試行錯誤の末「缶カン焼き」に辿り着いた。缶カン焼きは、その名の通り海産物の入った缶をそのまま鍋代わりに火にかけることで、誰でも簡単に海産物が食べられるというもの。屋外での調理はもちろん、カセットコンロ・ガスコンロでも加熱が可能なので、屋内でも気軽に食べることがでできる。 ▲缶カン焼きは、ガスコンロ・カセットコンロで直火にかけることができ、牡蠣だけでなくエビや貝などの海産物と一緒に楽しめる。使い終わった缶は再利用が可能。 「缶」は特注品で蒸気を逃す穴があり、食べ終わったあとも使いまわせるのが特徴。購入したお客さんの中には、空になった缶を持って中に入れる海産物だけを購入する方もおり、予想以上にリピーターが続出する商品となった。もともと宮崎では馴染みの無い商品だったものの、すぐに評判となり大人気商品に。 主力である牡蠣だけを詰めたセットも販売しており、現在は毎月一トンほどの牡蠣を出荷しているほど。 また、厳しい検査をクリアした厳選した牡蠣のみを使用しているほか、産地からの調達から提供までの作業を一貫して漁師が行なっているため、相場と比べて非常に安価なのも特徴。 今、業界全体の問題として「資源の枯渇」が叫ばれている。また、漁業者の生活水準の向上や、新規就業者の獲得等、課題は山積みである。街づくり・漁業の復興、そして何より海産物を一人でも多くの人に楽しんで貰うこと。様々な希望を込められた牡蠣は、宮崎青島の地から様々な人に届けられ、多くの人に親しまれている。 ▲大きめの牡蠣が2kg入った缶カン焼き!たくさんの人に食べて貰いたいという想いから今回食材デポ専用に「牡蠣三昧」としてご用意していただきました。 ↑当記事でご紹介した「牡蠣三昧」をはじめ、おいしい海産物が目白押し!缶カン焼き特集はこちらから↑ 飲食店様・・・お客様の「掴み」は抜群!一風変わったワイルドな居酒屋メニューとしておススメです! 一般のお客様・・・家族団らん用の鍋物がわりとして、またキャンプブームの新しいお供として好評です! ぜひ一度お試しください!(編集部:泉山)